スタジオ撮影のデメリット

スタジオ撮影は自由度に限りがある

結婚式を迎える前に写真撮影、いわゆる前撮りを済ませるというカップルも少なくありません。
カップルにとって、その後の夫婦生活の大切な思い出になる写真となる為、こだわって写真を残したいものです。
前撮りを行う事が出来るのは大きく分けて、3パターンあります。
1つは結婚式場、2つめは写真館などのスタジオ撮影、3つめは近年、人気を集めているロケーション撮影です。
これまで、スタジオ撮影がスタンダードではありましたが、スタジオという限られた場所の為、ありきたりな写真となってしまうというデメリットがありました。
スタジオ撮影は結婚式場での撮影やロケーション撮影と比べて、撮影出来る場所が限られる分、自由度が低くなってしまうのです。

派手さや特徴にかけてしまうのがデメリット

スタジオ撮影は基本的に決められた場所で決められた配置で撮影をする為、同じスタジオを使用して撮影した人と同じ様な写真になってしまいます。
こだわりたい方にとっては少し物足りなさを感じてしまうでしょう。
特に近年はSNSの人気が広がっている事もあり、特徴的な写真や特別感のある写真が人気となっています。
その点、スタジオ撮影は衣装やアクセサリーなどに頼る部分が大きい為、若干、派手さや特徴にかけ、こだわり派の方には物足りないものとなるのです。
スタジオ撮影での、これらのデメリットを解消する様な内装などにこだわったスタジオも登場してきているので、前撮りの撮影をする場所を検討している方はチェックする様にしましょう。